ジェントルマンのアイデンティティ崩壊会

遠まわしに俺は天下の大企業名風吹かせ威張るよくある会社看板おじさんA
それに対し会社経営者BがAに遠まわしに、たかが地方子会社サラリーマン人生風情と
それを観ていたAの旧友職業不詳CがBにアプローチ&自己PR開始、ついでにAの病暦暴露
それを観ていた資産家DがCに、おまえ経歴でたらめおじさんと遠まわしに事実を面白突っ込み
Bがかぶせて遠まわしにCを茶化しC逆切れ
地元Zの話が出て、Zは現在落ちこぼれかのように突然遠まわしに言う突然参加の資産家E
さらに教師Fが悪気なくABCEに昔落ちこぼれたちといい、白目に晒され
傍観するその他たち、定年も見える年齢、無駄口は言わない

中小企業の株主総会議事録ばりに、会は40分足らずで直ちに散会
最後にHが会はとても盛り上がったと
確かに、さすがインテリ業うまくまとめるところはプロ
なんのことない、ただのおっさんらのマウンティング大会
こっちは、よー久しぶり感覚なのだが地元在住らは競っているのか青春時代のリベンジなのか知らないが雰囲気と空気が悪い
まあそもそもの元凶はAだが、しかしおっさんの個々の価値観ってこんなにも相容れないものなんですね
もっと普通に互いの距離を取って相手を敬って話せないのだろうか
何度もやってるうちに火がついてるのかも
たのむでしかし

guy7.jpg

この記事へのコメント