Janne Da Arc(ジャンヌダルク)

ジャンヌ・ダルク(フランス語: Jeanne d'Arc ユリウス暦1412年ごろ 15世紀のフランス王国の軍人。フランスの国民的ヒロインで、カトリック教会における聖人でもある。 「オルレアンの乙女」とも呼ばれる。 百年戦争でフランスを救ったヒロインだ たしか映画にもなっていた 12歳で神の声をきいたとされ イングランドとの百年戦争で重要な戦いに参戦して勝利を収め国王に使えたが、その後ジャンヌはブルゴーニュ公国軍の捕虜となり、支配者が手のひらを返し身代金と引き換えにジャンヌは敵国イングランドへ引き渡された。 イングランドと通じていたボーヴェ司教ピエール・コーションによって「不服従と異端」の疑いで異端審問にかけられ、最終的に異端の判決を受けたジャンヌは、19歳で火刑に処せられてその生涯を終えた ロレーヌ十字はフランス東部のロレーヌの紋章の一部となっている。もともとは、フランスを侵略者から奪還する戦いで有名となった、ジャンヌ・ダルクの象徴とみなされていた。 (以上WIKI引用) かつて彼女の名前をバンド名にしたバンドがある 1996から2007年頃まで活動されていた ネーミングどおりのかっこいい王道のロックバンド これはそのテーマソングなのだろうか 「救世主メシア」 その激しくそして儚くも短い彼女の生涯を歌ったもののようだが 曲がサビがとても良い https://www.youtube.com/watch?v=H3_Poa0E_w8 …

続きを読む