平成の産物インターネット社会

平成 バブル全盛 バブル崩壊・銀行、不動産の倒産 阪神大震災 WINDOWS・インターネット 構造改革、不良債権処理 東京一極集中 911 湾岸戦争 イラク戦争 相次ぐ労働法改正 東日本大震災、原発 豪雨災害 etc 特にインターネットは平成に登場し新しい生活スタイルになった IT企業は次々上場、通信会社もどんどん儲かっていく しかしインターネットは、社会の発展に寄与するというより、それまで企業の後ろで使われていたコンピューターが庶民に浸透したことで、庶民は神経質な生活を強いるものになっていく コンピューターとは計算で無駄を省く装置であり、一人ひとりが公衆で声を出せばダメなものがピックアップされ、個人の生活スタイルは必然的に規律に近づく、即ち、あれが良いこれが良いより、あれはだめこれは駄目の無駄を淘汰したものに帰着しようとするから人はコンピューターの計算のように神経質になる インターネットが出だした頃 最初は情報などほとんどなかった、個人が自由に公衆で話せるネットにメディアは警戒しネットを叩き、大手も参入しなかった グーグルにも情報は少なく、ヤフーは地域別の会社やお店のインデックスしかなかった 楽天は小さい会社だった ネットに繋がるといっても利用価値がなく、MS OFFICEくらいしかパソコンの使用価値がなかったので広がるという期待のものではなかった 火付け役はネットの掲示板や…

続きを読む