Janne Da Arc(ジャンヌダルク)

ジャンヌ・ダルク(フランス語: Jeanne d'Arc ユリウス暦1412年ごろ 15世紀のフランス王国の軍人。フランスの国民的ヒロインで、カトリック教会における聖人でもある。 「オルレアンの乙女」とも呼ばれる。 百年戦争でフランスを救ったヒロインだ たしか映画にもなっていた 12歳で神の声をきいたとされ イングランドとの百年戦争で重要な戦いに参戦して勝利を収め国王に使えたが、その後ジャンヌはブルゴーニュ公国軍の捕虜となり、支配者が手のひらを返し身代金と引き換えにジャンヌは敵国イングランドへ引き渡された。 イングランドと通じていたボーヴェ司教ピエール・コーションによって「不服従と異端」の疑いで異端審問にかけられ、最終的に異端の判決を受けたジャンヌは、19歳で火刑に処せられてその生涯を終えた ロレーヌ十字はフランス東部のロレーヌの紋章の一部となっている。もともとは、フランスを侵略者から奪還する戦いで有名となった、ジャンヌ・ダルクの象徴とみなされていた。 (以上WIKI引用) かつて彼女の名前をバンド名にしたバンドがある 1996から2007年頃まで活動されていた ネーミングどおりのかっこいい王道のロックバンド これはそのテーマソングなのだろうか 「救世主メシア」 その激しくそして儚くも短い彼女の生涯を歌ったもののようだが 曲がサビがとても良い https://www.youtube.com/watch?v=H3_Poa0E_w8 …

続きを読む

バンド練習

楽器をやっていたら学生時代、社会人になってもいつでもバンドの友達が出来ていた 遠ざかっているがバンド練習は楽しい スタジオで集まりみんなで互いの音を出しあうと通い合う 曲演奏をすることで、一つのものを今みんな同時に作っている楽しさ 一人ひとりユニークな1パート、個々にお任せだがチームプレイ 曲選定や新メンバー顔合わせはいつもファミレス会議(この時が楽しい) 曲が決まれば約半月ほど空けてスタジオ借りて音合わせ そら上手いほうがいいが、それより楽しさ優先なので互いに細かいことはいわない ミスや不出来がまたネタになり楽しい 学園祭、フェス、音楽祭出場前は少し真面目になる 楽譜を見て楽曲を上手に演奏する趣味ではなく、楽器、音楽の趣味は個人の考え方、ファッション、生活スタイルの主軸になるからバンドというものが熱いのかもしれない バンド仲間はいいもの ↓はプロなのでこの記事とは関係ないが、練習はこんな感じというか ネモフィラ オフィシャルサイト https://www.youtube.com/watch?v=4qkLz0N_L6c

続きを読む

日本のガールズメタル

10年ほど前アルディアスのLUFTをユーチューブみてから、こういうバンドがあるのを知り聴くようになった よくあるPOPS女性アーティストとは一線を画した拘りと振り切ってる感と独走感と自前感に惹かれ ガールズという言い方は好きではないが、メタルがそもそも激しいもので男性が多いからそう呼ばれるのか 最初10年ほど前はアルディアスとデストローズだったか デストローズの脱退メンバーでメアリーズブラッドが結成されこの3バンドが主だったような アルビオン、ガングリオン、シンティアも入るのか デス系で福岡から出たブライディア、大阪のギャルメットやほかにも、スキャンダルのブレークの相乗効果かアルディアスをトップに同時にガールズバントが増えてきた そして5年前デストローズが活休 その元リーダーがフェイトギアを結成 その元ギターとドラムに新メンバー入れたディスクオリアが後に結成 その後遅れてその元ベースがリーダーとなり元デストローズメンバーのドラムに新メンバーを入れたラブバイツが結成される かつてのバンドが活休していく中で、このラブバイツから少し流れが変わった気がする 統一感、英語歌詞、MC英語力、曲、テクニカル、本格的メタルサウンド、海外ファンを獲得しドイツの大きなメタルフェアにも出演、海外ツアーもこなしながら活動している 結成前リーダーのメンバー集めの進捗をツイッターで見ていたが、長くボーカルだけが未発表で、最後にボーカルが決まり結成写真を見た時、垢抜け感半端ない 曲、演奏はさ…

続きを読む